くらし情報『向井理のマネージャーを辞めて家庭に入るも…湘南でスイッチがオンになった瞬間』

2021年3月4日 20:20

向井理のマネージャーを辞めて家庭に入るも…湘南でスイッチがオンになった瞬間

人が好きだし、信用しています。でも、甘えられない。そこは、自分でも謎なんですけどね。「自分が決めたことなんだから!」と、まず思ってしまうんです。思い出すと、今でも涙が出ますね。自分で自分をどんどん追い込んでいました。

でも、東京から湘南に引っ越して、試行錯誤しながらも3人の子供たちと全力で過ごした日々は、かけがえのないものです。選択に後悔をしたことは、一度もないんですよ。ある部分はすごく悩む性格なので、悩んで出した答えにはあまり後悔したことがないかもしれない。

3人の子供たちと

湘南でマネージャースイッチがONになった瞬間

——そして、再びマネージャーとして復帰。自身で事務所を立ち上げることになったきっかけは何だったのでしょうか?

田島:退職後の10年間も、完全にやめてしまったつもりはなかったんですよ。いつもマネージャー意識があって。子供たちも成長して、「今は母親という仕事を選んでやっているけど、何かやれることはないかな?」と無意識にいつも頭にありましたね。ある日、ふと、家電メーカーのCM案件があって、「これ、うちの娘にぴったりかも」とピンときたんです。試しにオーディションを受けたところ、合格。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.