くらし情報『起床後、4時間後の自分の状態をチェック! “質のよい睡眠”をとる方法』

2021年3月8日 21:00

起床後、4時間後の自分の状態をチェック! “質のよい睡眠”をとる方法

目次

・「私、良い睡眠をとれてる?」チェックする方法
・朝食の10時間前に夕食を済ませる
・「朝型/夜型」よりも自分の特性を知ること
起床後、4時間後の自分の状態をチェック! “質のよい睡眠”をとる方法

心療内科医で企業の産業医も務める田中奏多(たなか・かなた)先生による『眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法』(アチーブメント出版)が昨年10月に発売され、3万部(2021年3月現在)を突破しました。

田中先生は「忙しくても成果を出しつづける人は、正しい心身のリズムづくりと正しいリカバリー方法を知っている」として、「規則正しい生活」「栄養バランス」「適度な運動」といった当たり前の方法ではなく、忙しい毎日でも、つい暴飲暴食してしまっても、夜更かししてもパフォーマンスを落とさないリカバリー方法についてつづっています。

たくさん寝ているはずなのに体がスッキリしないのはなぜ?コロナ禍で在宅勤務になってオンとオフの切り替えがしにくくなった。仕事のパフォーマンスを上げる方法は?

質の良い睡眠や仕事のパフォーマンスを上げる方法について、田中先生に伺いました。前後編。

田中奏多先生

「私、良い睡眠をとれてる?」チェックする方法

——コロナ禍で家にいる時間が増えてたくさん寝ているはずなのに体がスッキリしないという話をよく聞きます。

田中奏多先生(以下、田中先生):不調を感じている患者さんの特徴として、睡眠時間が短くなってしまったときのリカバリー方法に「長く眠る」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.