くらし情報『面接で妊娠の可能性を聞かれた、男だから残業できると思われる…職場のジェンダーハラスメント』

2021年3月9日 20:45

面接で妊娠の可能性を聞かれた、男だから残業できると思われる…職場のジェンダーハラスメント

▼女性に対するジェンダーハラスメントについて

「産休から復帰し時短勤務になる女性は強制的に契約社員にさせられていた」(30代・女性・クリエイター)

「女のくせにやかましい、黙って従えといった発言」(40代・女性・接客販売)

「性別による昇格試験の結果の差」(20代・女性・その他)

「年齢や容姿を含めた差別的な発言」(30代・男性・営業)

「未婚の女性を複数人でバカにして笑いものにする」(40代・女性・建築土木)

性別による役職や業務の制限、女性に対する固定観念の押し付けといった意見が挙がりました。

▼男性に対するジェンダーハラスメントについて

「育休取得、時差出勤の不許可」(30代・男性・教育)
「女性の上司が男のくせにナヨナヨして、と陰口を言っていた」(30代・女性・営業)

「女性ばかりひいきされている」(40代・男性・営業)

「同期入社の社員に対し、男女でケアに差がある」(30代・男性・営業)

「男性は重い荷物を自主的に運ばなくてはならない」(20代・女性・接客販売)

また、「男性だから〇〇」「男性のくせに〇〇」といった発言が日常的に聞かれるといった意見も多く、ジェンダーハラスメントは女性に対してだけではなく、男性に対しても根強く染み付いていることが伺えました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.