くらし情報『アラフォー世代でエイジングケアの必要性を実感 主婦の友社「暮らしニスタ」が調査』

2021年3月26日 14:45

アラフォー世代でエイジングケアの必要性を実感 主婦の友社「暮らしニスタ」が調査

目次

・気になっている肌のお悩みは?
・エイジングケアの必要性はいつ頃から感じた?
・美容器具や美容皮膚科への興味について
アラフォー世代でエイジングケアの必要性を実感 主婦の友社「暮らしニスタ」が調査

マスク生活や花粉の影響で、お肌悩みが増えやすくなったいま、肌状態やスキンケアに関心が高まっている女性は少なくないでしょう。

主婦の友社は運営するメディア「暮らしニスタ」で、ユーザーに向けて毎月さまざまなアンケート調査を実施。その中で行われた、30~50代の既婚女性のスキンケア事情についてのリサーチ結果を紹介します。

気になっている肌のお悩みは?

まず、お肌のお悩みについて具体的に聞いたところ、「しみ」が70.6%が最多となりました。

しみ70.6%
乾燥やかさつき53.5%
しわ51.3%
くすみ48.7%
ハリのなさ46.5%
毛穴の開き41.7%
クマ39%
毛穴の黒ずみ35.8%
その他(肌ツヤのなさ、ニキビや吹き出物、べたつき等)

エイジングケアの必要性はいつ頃から感じた?

「エイジングケアが必要と感じたのは何歳くらいでしょうか?」という質問では、以下の結果になりました。

35~39歳29.4%
40~44歳25.1%
30~34歳17.1%
45~49歳9.1%
その他(50歳以上、20代…)

どんなことがきっかけで「エイジングケアが必要」と思いましたかという質問には下記のようなコメントが寄せられました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.