くらし情報『映画『旅立つ息子へ』脚本家と俳優が特別授業! 親子関係テーマに都立西高親子とトーク』

2021年3月28日 15:00

映画『旅立つ息子へ』脚本家と俳優が特別授業! 親子関係テーマに都立西高親子とトーク

それは自閉症に限らず、一般の親子関係でも同じではないかと思います」と見解を語りました。

また、トークでは新型コロナウイルスによる家族関係の変化の話も。コロナ禍で家族と過ごす時間が増え、お互いを深く理解することができたという生徒から、「家族とはどのようなものだと考えているか」という趣旨の質問が飛ぶと、「私はコロナの最中に娘を出産したので、とても印象深い1年でした」とイディシスさん。その前年までベルリンに住んでいたイディシスさんは、コロナがパンデミックになるギリギリのタイミングでイスラエルに戻ってきたと明かし、「出産ということもあって、より親しい人の近くにいる、ということがいかに大事なことかを再確認した1年でした」と自身の経験を踏まえて話しました。

イベントの最後にメッセージを求められると、インベルさんは「ウリは自閉症があるために自分の内面を外の世界に表出するのがとても困難で、常にそうしたことと戦っています。障害のあるなしに関わらず、私自身も内面を外に表出することはなんらかの挑戦と感じており、それを克服しようとすることが大事。そうすることで周りの人とつながれたり、関係を持つことができたりするのではないかと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.