くらし情報『女性社員の活躍・定着に取り組んでいる企業、2018年より減少傾向に。課題は…』

2021年3月29日 14:45

女性社員の活躍・定着に取り組んでいる企業、2018年より減少傾向に。課題は…

(サービス関連/101~300名)

・家庭中心の社員がほとんどで、管理職以上の昇格を望んでキャリアを築く女性が少ない。(メーカー/301~1000名)

「女性社員の意識」と回答した企業

・家事育児については、女性が中心となって担うという意識がまだまだ男女ともにあり、女性社員のパートナーの協力やパートナーの職場の理解が得にくい。(サービス関連/1~10名)

・家庭に重きを置き、仕事で活躍することを希望していない女性が多い。(金融関連/1001名以上)

「仕事内容」と回答した企業

・報道の仕事を行なっており、深夜勤務を週に1度必ず入れなければならない。若いうちは良いが、年齢を重ねると負担だという声をよく聞く。(広告・出版・マスコミ関連/31~50名)

・ビルメンテナンス部門では夜勤があり、女性社員への配慮の面で対応できていない部分がある。(不動産・建設関連/1001名以上)

「経営層の意識」と回答した企業

・経営陣を含めて考えが変わらなければ、企業が変わるわけもない。会社の方向性についていろいろ提案しても、聞く耳を持たない。(サービス関連/1~10名)

・社内全体で、女性はアシスタントという認識を変えていかなければならない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.