くらし情報『Netflix映画『彼女』水原希子・さとうほなみ 二人は「戦友」』

2021年4月15日 14:45

Netflix映画『彼女』水原希子・さとうほなみ 二人は「戦友」

目次

・原作を読んで少し後悔しました(水原)
・「あなたがいないとダメ」という気持ちが役の外でも芽生えた
・次は笑える喜劇を…
Netflix映画『彼女』水原希子・さとうほなみ 二人は「戦友」

恋する女性のために人を殺した女性と、殺すことを求めた女性の行き場のない逃避行を描くNetflix映画『彼女』が4月15日よりNetflixで世界同時独占配信されます。原作は、中村珍さんの『羣青(ぐんじょう)』(小学館IKKIコミックス)。本作の監督を、廣木隆一さんが務めます。

家族に同性愛者であることを打ち明けられず孤独を抱えるレイを水原希子さん、夫から壮絶なDVを受けながらも逃げることができない七恵をさとうほなみさんが演じています。

「すべてむき出しにして挑んだ」という主演のお二人に話を伺いました。

作中より

原作を読んで少し後悔しました(水原)

——本作は2007年に連載が始まった、中村珍さんの漫画『羣青』の実写映画です。オファーを受けたときはどんな気持ちでしたか?

さとうほなみさん(以下、さとう):実は私、以前から原作のファンで、もし実写化されるなら出演したいと思っていたんです。オファーをいただいたときは「信じられない!」という気持ちが大きかったですね。

——原作のどんなところに魅力を感じていたのでしょうか?

さとう:上中下巻の3巻あるのですが、主人公の女性ふたりがずっとジェットコースターに乗っているようで。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.