くらし情報『発売2ヶ月で3刷重版の『一肉一菜スパイス弁当』 印度カリー子さんにヒットの理由を聞いてみた』

2021年4月27日 20:15

発売2ヶ月で3刷重版の『一肉一菜スパイス弁当』 印度カリー子さんにヒットの理由を聞いてみた

つまり、インドでは一般的だけれど、日本ではそうでもない。そういう「これは普段の食事にはちょっと合わないな」みたいなレシピが、実はとても多いんです。

——たしかに。予算を決めて自分の生活圏内で材料を揃えるところから調理は始まっていますもんね。

カリー子:もちろん料理が好きで深く探求したいとか、読者のニーズはさまざまだと思います。ただ、私が読者に対して意識したのは、本当にそのレシピを毎日使いたくなるのか、本当にそのレシピで幸せになれるのか否か。目的に合わせてレシピをチューニングしました。レシピの書き方ひとつとっても、そうです。

——どういうことでしょう?

カリー子:大さじ、小さじだとか、材料のグラム数にも気を使っていますし、文章の改行位置やレイアウトも、ちょっと直せば、難しいレシピがすごく簡単に見えたりするんですよ。常に「自分が読者になってこの本を見たときにどう思うか」を意識する、客観視しながら本を作るようにしています。

スパイスカレーブームはまだ来ていない

——公式サイトで対象読者を明示しながらご自身の本を紹介されているのも印象的ですが、さらにもう一段俯瞰して、ご自身の活動全体の今のフェーズをどう捉えているかをお聞きしてみたいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.