くらし情報『「あのときああしておけば…」悔いのない人生を送るために大事なこと【ジョセフィーヌ・ジャピ】』

2021年4月30日 15:00

「あのときああしておけば…」悔いのない人生を送るために大事なこと【ジョセフィーヌ・ジャピ】

目次

・“もう一つの世界”のオリヴィアも、人生に100%満足しているわけではない
・“後悔のない人生”を送っている人なんて一人もいない
・世間にあふれる“女性のイメージ”に振り回されないで
「あのときああしておけば…」悔いのない人生を送るために大事なこと【ジョセフィーヌ・ジャピ】

5月7日から全国順次公開されるフランスの恋愛映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』。同作は、主人公が愛の試練に立ち向かうファンタジック・ラブストーリーで、フランスで大ヒットした『あしたは最高のはじまり』を手掛けたユーゴ・ジェラン監督の最新作です。

仕事のことばかり考えている人気作家のラファエルと、小さなピアノ教室を開いているオリヴィアは、結婚から10年が経った夫婦。ある日ラファエルは、オリヴィアと立場が逆転した“もう一つの世界”に迷い込んでしまう。さらに、愛する妻は自分を知らなかった。元の世界に戻りたい一心でオリヴィアに接触を試みるが――というストーリー。

そこで今回、ラファエルの妻で、“もう一つの世界”では人気ピアニストを演じたジョセフィーヌ・ジャピさんに、お話をうかがいました。

“もう一つの世界”のオリヴィアも、人生に100%満足しているわけではない

——まずは、オリヴィアを演じた感想をお聞かせください。

ジョセフィーヌ・ジャピさん(以下、ジョセフィーヌ):今回の作品では、ルーツは一緒でも、まったく違う2人の女性を演じました。ラファエルの妻である“元の世界”のオリヴィアは、私に近いところがあって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.