くらし情報『病気じゃないと行っちゃダメ? 「現代の」婦人科は、昔よりも役に立つ!?』

2021年5月5日 15:01

病気じゃないと行っちゃダメ? 「現代の」婦人科は、昔よりも役に立つ!?

目次

・病院でできる生理痛の対処法とは
・婦人科は「生活の質を上げる」ために行く
病気じゃないと行っちゃダメ? 「現代の」婦人科は、昔よりも役に立つ!?

最新の生理のデータを集めた『自分の体を守る正しいデータを持てなかった女性たちへ生理で知っておくべきこと』(日経BP)が5月7日*に発売されます。*アマゾンや楽天などのネット書店は5月1日に発売。

予防医療・栄養コンサルタントで、女性の健康や体についての研究を行う団体「ラブテリ トーキョー&ニューヨーク」を主宰する細川モモさんが、6年をかけて約2万人の女性に行ってきた調査を元に執筆された本で「最新の生理のデータを集めた日本で初めての本」としています。

ウートピでは発売を前に「まえがき」とコラムを抜粋してお届けします。女性だけではなく男性も手にとってみてはいかがでしょうか。

【まえがき】なぜ、これまで日本女性には「生理の正しいデータ」がなかったのか?

病院でできる生理痛の対処法とは

こんにちは、産婦人科の医師の佐藤雄一と申します。この本は、生理の知識を持って、自分の力で生理を軽く快適にする本ですが、この「お医者さんの声」というコーナーでは、医者の視点からぜひみなさんに知っておいてもらいたいことをお伝えします。

生理痛で病院に行っても「痛みどめを処方することぐらい」しかしてもらえなかった時代がありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.