くらし情報『オススメの調理器具は「サラダスピナー」。料理家歴40年の大庭さんに「はしょり飯」について聞いてみた』

2021年5月6日 19:45

オススメの調理器具は「サラダスピナー」。料理家歴40年の大庭さんに「はしょり飯」について聞いてみた

目次

・「手抜き」じゃなくて「手間を省くこと」に意識をチェンジ
・食べたいもの、おいしいものを自由に食べられる「自炊」
・大庭先生のキッチンのスタメンは?
オススメの調理器具は「サラダスピナー」。料理家歴40年の大庭さんに「はしょり飯」について聞いてみた

料理家歴40年の大庭英子さんがこのたび上梓した「究極のはしょり飯」(世界文化社)。時短・節約・手間いらずの、さまざまなレシピを紹介しています。

気軽に外食もしづらいいま、好むと好まざるとに関わらず、自炊の機会が増えている方は少なくないはず。そんなときに役立つのが、プロの目で“省略できる調理工程”を省いた「はしょり飯」です。

大庭さんに誰でも作りやすいレシピのこだわりや、あると便利な調理器具などをうかがいました。

「手抜き」じゃなくて「手間を省くこと」に意識をチェンジ

——時間やお金、手間をできるだけ省きつつ、ちゃんとおいしい「はしょり飯」。料理をはしょるという発想がすばらしいですよね。

大庭英子さん(以下、大庭):「料理をはしょる」って、いろんなイメージを持つと思うんですけど、私が伝えたいのは「手抜きではない」ということです。手抜きじゃなくて、手間を省く。私自身は料理家だから、細かい手作業もやります。でも、忙しいなかでも料理に親しんでいただくために、本書では調理の工程をなるべく減らしました。使う食材もできるだけ少なく、調味料も減らして、シンプルな味わいを楽しんでもらえる構成にしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.