くらし情報『隣の芝生がめちゃくちゃ青い…今の時代特有の“しんどさ”って?【三浦崇宏】』

2021年5月11日 20:00

隣の芝生がめちゃくちゃ青い…今の時代特有の“しんどさ”って?【三浦崇宏】

目次

・「頑張りたくない私はダメなの?」女性に届いてほしいと思ったワケ
・一人一人と向き合って初めて見えてくる真実
・隣の芝生がめちゃくちゃ青い時代を生きている
・「そうだね、シャワー浴びたいね」っていう本
隣の芝生がめちゃくちゃ青い…今の時代特有の“しんどさ”って?【三浦崇宏】

クリエイティブディレクターの三浦崇宏(みうら・たかひろ)さんが10代から70代までの年齢も性別も職業もバラバラの9人と対談した『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』(集英社)が4月に発売されました。

「何者」かってなに?「何者」かになったほうがいいの?今の時代特有の“しんどさ”って?仕事やコミュニケーションの悩みあるあるなど、3回にわたって三浦さんにお話を伺いました。

「頑張りたくない私はダメなの?」女性に届いてほしいと思ったワケ

——『「何者」かになりたい』は三浦さん初の対談集ですが、改めて女性読者も意識されたと伺いました。女性に読んでほしいのはなぜですか?

三浦崇宏さん(以下、三浦):これまで3冊本を出してきたんですが、読者は男性が中心だったんです。それはありがたいことだし、今の世の中で男性と女性とで分けるのはナンセンスかもしれないですが、これまで僕の本を手に取ったことがない人にも届けたいと思って「女性にも読んでほしい」と考えました。

——どんな女性たちに読んでほしいですか?

三浦:現状、女性のほうが選択肢が少ないと思うんです。女性の場合は結婚や出産というライフイベントが働き方にどうしても影響してくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.