くらし情報『猫背は大敵! 逆流性食道炎を改善、予防する運動はある?【専門医に聞く】』

2021年5月11日 21:00

猫背は大敵! 逆流性食道炎を改善、予防する運動はある?【専門医に聞く】

目次

・猫背は逆流性食道炎の大敵
・腹筋運動はNG、スクワットが良い
・改善や予防によい運動は?
・深呼吸がケアになる?
・聞き手によるまとめ
猫背は大敵! 逆流性食道炎を改善、予防する運動はある?【専門医に聞く】

逆流性食道炎に悩む人が増えています。その実態や謎の症状、またセルフケアに関する疑問について、兵庫医科大学病院の副院長で消化器病指導医・専門医、内科指導医の三輪洋人(みわ・ひろと)医師に連載でお尋ねしています。

前回の第10回では、就寝時の胃酸の逆流を軽減するケアについて紹介しました。今回は、日中の生活動作や運動についてお話を伺います。なお、これまでの内容は文末のタイトル一覧からリンク先の記事を参考にしてください。

猫背は逆流性食道炎の大敵

——逆流性食道炎を改善するために日ごろから自分でできることはありますか。

三輪医師:いくつもあります。まずは姿勢の改善です。自分の全身を鏡に写して見つめてみてください。猫背や前かがみの姿勢になっていませんか。年々、猫背がひどくなる、またスマホやパソコンの操作中、食事中に背中が丸くなっているなど、思い当たる人は多いと思います。

猫背や前かがみの場合、おなかのあたりが圧迫されています。すると胃の内部の圧力が高まって、胃の入り口より少し上にある下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん。第10回参照)がゆるみ、胃から食道のほうへと胃酸が逆流しやすくなるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.