くらし情報『歯科恐怖症!? 歯がボロボロなのに大人でも歯医者に行けない原因は【歯学博士に聞く】』

2021年5月13日 22:45

歯科恐怖症!? 歯がボロボロなのに大人でも歯医者に行けない原因は【歯学博士に聞く】

当日中に仮歯を装着したところ、見た目がきれいになったことに驚かれ、これが治療を続けるモチベーションとなったということで、その後もほかの歯の治療に来院されています。

歯科恐怖症を改善するには、「相性が合う歯科医院を見つけられるかどうかでは」と話されていました。

歯医者にボロボロの歯を見られるのが恥ずかしい

——大人なのに「歯医者が怖いと言うのは恥ずかしい。相談などできない」、さらに、「歯がボロボロなので歯医者に見られるのが恥ずかしい」「放っておいたことを歯科医に怒られるのではないかと不安」という人もいます。

江上医師:それは自然な感情でしょう。そのように話す人は実にたくさんいらっしゃいます。痛みを理性的にがまんしなくてはならないと思っておられる方も多いと思われます。歯科はできるだけ行きたくない場所の筆頭に挙げられるという報告もあります。しかし、歯科はそうした悩みを解決するために治療をする現場です。むし歯が多いことは決して恥ずかしいことではなく、現実として歯の病気をたくさん抱えている状態です。

また、歯科医に怒られるなどということはないと思いますが、もしそう感じた場合はその歯科医院とは相性が良くないと考えて、別の医院をあたりましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.