くらし情報『歯の麻酔は痛くないの? 歯学博士に聞く「歯医者嫌い」を乗り越える方法』

2021年5月20日 22:45

歯の麻酔は痛くないの? 歯学博士に聞く「歯医者嫌い」を乗り越える方法

また、精神科や心療内科に通われながら歯科を受診されるケースもあります。

近ごろは徐々に治療に慣れていくように取り組む医院が増えています。まずは、電話やメール、また初診時に、痛みに弱いことや機器の音が非常に苦手であること、それゆえに歯科治療を極力避けてきたことなどを率直に歯科医に伝えてください。我慢して治療を受けると心身への負担が大きくて、健康に差し支えることもあります。

次に、そうした症状にその歯科医院がどう取り組んでいるか、具体的な策を遠慮なく尋ねてください。その回答などで、治療してみようという気持ちになってから受診することが歯科恐怖症を改善するきっかけになるでしょう。また、歯科恐怖症に対応する大学病院や口腔外科がある病院をかかりつけ医に紹介してもらう方法もあります。

なにより重要なことは、「むし歯や歯周病などの症状が進む前に軽度の段階で受診する」、あるいは「定期検診で口腔トラブルを予防しておく」ことです。重度になるほど治療時に痛みを伴うことが増えますが、軽いうちの治療ならば痛みや機器の音に悩まされる頻度は激減します。軽度のうちに歯科恐怖症に対応している、相性が合う歯科医院を探して治療を完了しておくことが歯科恐怖症を乗り越える方法と言えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.