くらし情報『「男のくせに泣くな」「女子力高いね」約6割がジェンダーを表す言葉に違和感 【Z世代意識調査】』

2021年5月21日 19:45

「男のくせに泣くな」「女子力高いね」約6割がジェンダーを表す言葉に違和感 【Z世代意識調査】

一方、「距離を置きたいと思う」は0%となり、否定的な意見は少ない結果となりました。

グループインタビューでは、「所属しているサークルにLGBTQ+の友人がいるが、特別な接し方はしない」「学校にLGBTQ+の友人がいるが、それがイレギュラーなことではなく、他の人と変わらない」といった話も聞かれました。Z世代はニュースやSNS、周りの友達との会話などを通しLGBTQ+に関する情報に触れています。オフライン・オンラインの両方でコミュニケーションを生み出すことで、理解を深めるタイミングを多く持っているため、 彼らにとってLGBTQ+は特別ではなく、自然な存在として捉えられています。

感じている課題は「親や親世代の知識・理解が足りていない」こと

Z世代視点から見た各世代別の理解度について聞いたところ、同世代は63.0%、親世代は24.3%、社会全体は23.9%と、同世代と比較し、親・社会の間で理解度に2倍以上の乖離があると感じている結果となりました。

LGBTQ+に対する課題についても「親や親世代の知識・理解が足りていない」(47.3%)、「政府・企業など社会からの知識・理解が足りていない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.