くらし情報『「自分に興味が出てきた」高畑充希が自分と向き合って見つけたもの』

2021年5月28日 19:45

「自分に興味が出てきた」高畑充希が自分と向き合って見つけたもの

目次

・「自分でやるしかない」から「周りに委ねよう」に変わるまで
・自分の弱さも出せるようになった
「自分に興味が出てきた」高畑充希が自分と向き合って見つけたもの

石橋ユウ、10歳。そして、同じ名前の子どもをもつ住む場所も環境も違う3人の母親。それぞれに事情を抱え子育てに奮闘しながらも、息子を心から愛していたはずの3人。ところがある日、ひとりの「ユウ」が、母親に殺されてしまい——。

3つの「石橋家」の話から構成される映画『明日の食卓』が、5月28日に公開となります。フリーライターで2児の子どもを育てる石橋留美子は、菅野美穂さん。静岡に住む専業主婦の石橋あすみは、尾野真千子さん。そして、大阪に住むシングルマザー・石橋加奈を、高畑充希さんが演じました。

劇中より

「加奈のように、自分ですべて何とかしようとしてしまう思考回路はよくわかる」と、高畑さん。でも年齢を重ねるにつれて、周りにうまく頼ったり、自分をいたわったりできるようになってきたと言います。高畑さんの、そんな変化をうかがいました。

「自分でやるしかない」から「周りに委ねよう」に変わるまで

——高畑さんが演じた加奈は、すごく真面目で頑張り屋。アルバイトを掛け持ちし、経済的にも体力的にもギリギリの生活をしながら、子どもを深く愛しています。高畑さんと加奈の性格に、重なる部分はありましたか?

高畑充希さん(以下、高畑)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.