くらし情報『私の身体が私だけのものではないとして…『ブラックバード』が描く“強くて自由な母”の呪縛』

2021年6月11日 20:00

私の身体が私だけのものではないとして…『ブラックバード』が描く“強くて自由な母”の呪縛

目次

・曖昧で不気味な母と娘の境界
・「正しさ」に縛られた長女と「正しさ」に頼らなかった次女
・自由に生きなさいという母の呪縛
・「母の愛」という厄介なそれ
私の身体が私だけのものではないとして…『ブラックバード』が描く“強くて自由な母”の呪縛

安楽死を選択した母をみとるために家族が集まった週末の出来事を描いた映画『ブラックバード家族が家族であるうちに』(ロジャー・ミッシェル監督)が6月11日(金)に公開されました。アカデミー女優のスーザン・サランドンとケイト・ウィンスレットの初共演も話題の同作について、作家の鈴木涼美(すずき・すずみ)さんに寄稿いただきました。

曖昧で不気味な母と娘の境界

「もうあなただけの身体じゃないんだから」という映画や漫画に頻出する退屈なクリシェを、結婚もしていない、扶養家族もいない私は残念ながら言われたことがない。だからといって私の身体が首尾一貫して私のものだったかというと、生まれてすぐの頃の私に実質的な自分の所有権などなかったわけだし、思春期に私が私自身を乱暴に扱うようなことをして傷ついたり怒ったりするのは私ではなくて母だったわけだし、自分の輪郭というのは曖昧で、皮膚の一部はどこかと繋がっていたり、傷口のように外に開かれていたりするものなのだとは思う。

特に、かつて乳飲児だった自分を所有していた母と自分との境界は、多くの娘たちにとってとても曖昧かつ不気味に変わり続けるもので、だからこそ痛みを伴って繋がりを引きちぎるような反抗や、監督権争いのような確執が頻繁に起こる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.