くらし情報『病気になってもオシャレしたい! 乳がんの私が着けてよかったブラ5選』

2021年6月14日 21:00

病気になってもオシャレしたい! 乳がんの私が着けてよかったブラ5選

目次

・ワコールが開発した安心のブラジャー「リマンマ」
・肌あたりの優しさにとことんこだわった「フリープ」
・手術直後にピッタリ! ハサミでカットできる「メディキュア」
・前あきインナーが登場!今年はエアリズムも!「ユニクロ」
・快適な着け心地でおしゃれ心を満たしてくれる「エミリーウィーク」
・事前に準備したことが術後の生活に役立った
病気になってもオシャレしたい! 乳がんの私が着けてよかったブラ5選

日本人女性が生涯で乳がんに罹患(りかん)する確率は10.6%(9人に1人)*1。女性がかかるがんの中で、最も多い部位となっています*2。乳がん手術を受けた後も、多くの人が手術前と同じように仕事を続けたり、家事をこなされたりしていますが、術後の状態は個人差があり、精神的な変化も大きいと聞きます。

術前と変わらず、少しでも快適な生活を送ってほしい……そんな思いで乳房を手術した人に寄り添いながら下着を作っているブランドを今回は紹介したいと思います。

下記に紹介するすべてのブラジャーは、実際に乳がんの全摘手術(左胸)を受けたウートピ編集部のHさんが、術後から1ヵ月の間に実際着用したもの。そのリアルな感想も記しています。

下記に紹介するのは個人的な感想です。術後の経過には個人差があるため医師に相談のうえ、自分に合ったブラジャーを選んでください。

ワコールが開発した安心のブラジャー「リマンマ」

前あきソフトブラジャー4,180円/リマンマ(ワコール)

全摘出手術をした方におすすめの軽量パッド1,760円/リマンマ(ワコール)

ワコールが「乳房を手術した人に快適な生活を送るためのお手伝いを……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.