くらし情報『うつは何科を受診すればいい? 精神科と心療内科の違いは?【精神科・第1回 専門医に聞く】』

2021年6月21日 20:45

うつは何科を受診すればいい? 精神科と心療内科の違いは?【精神科・第1回 専門医に聞く】

感が強い、動悸(どうき)、息切れがあるなどの場合は精神科を受診しましょう。

ストレスや心の不調が原因で胃痛や頭痛、下痢、便秘、肩こりがひどいなど体の器質的な不調も続く場合、また、胃炎や腹痛で病院で検査をしたけれど異常なしだった場合は、心療内科が適切です。心療内科とは内科系のひとつで、内科で診察する病気の背景にストレスや心の不調があるといった場合に適しています。

Cさんは胃重感や下痢が続くという体の症状があるので、心療内科を受診するのがよいと思いますが、普段から不安感や憂うつ感がある場合は精神科がよい場合もあります。心の不調から発症する体調不良は多岐にわたります。線引きが難しい場合も多いため、いずれにしても、受診した医療機関で症状を詳細に伝えましょう。

うつかも…のときは精神科を受診

——メンタルの病気でいちばんに思い浮かぶのは「うつ病」です。先ほどのお話しから、「うつ病かも」と思ったときは、精神科を受診しようということですね。ただ、「心療内科」「メンタルクリニック」「こころのクリニック」などのウエブサイトにはよく、「うつのときに受診を」と記述されています。何がどう違うのでしょうか。

田近医師: うつ病を専門的に診療するのは精神科です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.