くらし情報『残業しないと生活できない…『わた定』第3弾で“生活残業”をテーマにした理由』

2021年7月1日 20:00

残業しないと生活できない…『わた定』第3弾で“生活残業”をテーマにした理由

目次

・生活残業をテーマにした理由
・“会社員あるある”は友達から
・「チャットで長文を送ってくるおじさん」も取材から
残業しないと生活できない…『わた定』第3弾で“生活残業”をテーマにした理由

2019年に吉高由里子さん主演でドラマ化もされた朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの小説『わたし、定時で帰ります。』(新潮社/以下、わた定)の第三弾「ライジング」が4月に発売されました。

定時帰りをモットーとする結衣の奮闘を描いた人気シリーズで、「ライジング」では、残業代を稼ぐ目的で必要のない残業をするいわゆる「生活残業」に切り込みます。

生活残業をテーマにした理由は?朱野さんにお話を伺いました。全3回。

朱野帰子さん=新潮社提供

生活残業をテーマにした理由

——生活残業をテーマにした理由は?

朱野帰子さん(以下、朱野):私は新卒で入った会社が裁量労働制で、勤務時間は自由だけれど残業代は出ない会社だったんです。逆に2社目では残業代は出たのですが、労務管理が徹底されていて、残業する場合は上長の許可を取らなければいけませんでした。残業は極力させない会社だったので、残業代で生活費を稼ぐという感覚が私にはありませんでした。

でも、ドラマが放送されたときにTwitterの感想を見ていたら、「残業代の話を扱っていない」という指摘があって……残業代を稼がないと生活できない給料の人もいるのだとも書いてありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.