くらし情報『梅雨どきの髪はぼさぼさ! カギは朝晩のダメージケアとスタイリング【美髪プロが教える】』

2021年7月2日 23:21

梅雨どきの髪はぼさぼさ! カギは朝晩のダメージケアとスタイリング【美髪プロが教える】

目次

・梅雨どきの髪がまとまらない理由は?
・ダメージヘアは水を吸収しやすいのでまとまらない
・濡れた髪はトリートメントの成分を吸収しやすい
・梅雨どき簡単ヘアアレンジは?
梅雨どきの髪はぼさぼさ! カギは朝晩のダメージケアとスタイリング【美髪プロが教える】

梅雨の時期、朝に髪を念入りにスタイリングしても、屋外へ出ただけで広がる、うねる、ばさばさになる、つやが消失する、昼にはもうぼさぼさになる、また、逆にぺちゃんこになる……などでお手上げだと嘆く人が続出します。

そこで、美容師で美髪ケアを追求する三谷遥さんに、その原因や改善のための梅雨のヘアケア法について詳しく聞いてみました。

梅雨どきの髪がまとまらない理由は?

——梅雨になると急に髪が広がったりうねったりするという人がいます。なぜなのでしょうか。

三谷さん:もともと髪は水分を吸収しやすい性質があります。髪は湿度が高いと伸び、低くなると縮むのです。場所も気温も同じで、湿度が2倍になれば、髪の水分量も2倍近くになるという報告もあります。

寝ぐせをなおしたり、巻いたりするときには、いったん水で濡らしてからドライヤーやヘアアイロンの熱を利用してスタイリングするでしょう。髪の1本ずつの内部では、場所によって水分量が違うのですが、それを熱で変化させて毛髪の形状を変えているわけです。

梅雨どきは、空中の湿度が高くなって皮膚(ひふ)が保湿されるように、髪も水分をたくさん吸収します。ですが、髪1本ずつの根元から毛先まで、全部が同じ量を同じように吸収するわけではありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.