くらし情報『梅雨どきの髪はぼさぼさ! カギは朝晩のダメージケアとスタイリング【美髪プロが教える】』

2021年7月2日 23:21

梅雨どきの髪はぼさぼさ! カギは朝晩のダメージケアとスタイリング【美髪プロが教える】

ある部分は水分でふくらみ、別の部分はやせることがあります。

それが髪全体となると、もとの髪質や形状によって、広がる、うねる、はねる、ぺちゃんこになるなどします。

——では、梅雨どきの屋外では、髪が半乾きのときの状態に近いのですか。

三谷さん:そうです。朝にドライヤーで乾かしてスタイリングができていても、時間とともに毛髪の水分量が増えると、ケアやスタイリング前のもとのくせの形状に戻りだします。くせ毛の人は、広がる、うねる、はねるなどするわけです。

——ぺちゃんこになるという人もいます。これも水分の量でしょうか。

三谷さん:髪がもともと直毛タイプの人、細い人、軟らかい人、ハリやコシがない猫毛タイプの人は、髪の水分量が増えるとその重みで根元からぺちゃっとする、また、細くて短いおくれ毛は自然乾燥してぼさぼさ、ぱさぱさとはねるようになります。

ダメージヘアは水を吸収しやすいのでまとまらない

——髪が傷んでいると余計に髪の乱れが目立つように思います。三谷さん:ダメージヘアの場合、髪の表面を覆ってつやのもとであるキューティクルがはがれたり乱れたりしています。そこから水分が吸収されやすくなっているのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.