くらし情報『糖尿病性腎症で人工透析療法が必要になることも…糖尿病が怖い理由【専門医に聞く】』

2021年7月16日 21:00

糖尿病性腎症で人工透析療法が必要になることも…糖尿病が怖い理由【専門医に聞く】

目次

・4期は腎不全、5期は人工透析が必要に
・人工透析療法を受ける原因の1位は「糖尿病性腎症」
・聞き手によるまとめ
糖尿病性腎症で人工透析療法が必要になることも…糖尿病が怖い理由【専門医に聞く】

「まさかの糖尿病予備群…健診で指摘されたら」と題し、糖尿病専門医・臨床内科専門医で、『糖尿病は自分で治す!』(集英社)など多くの著書がある福田正博医師に連載にてお話しを聞いています。

前々回(第14回)から、糖尿病の三大合併症の1つ、「糖尿病性腎症」について尋ねています。

「第14回腎臓は毎日200Lの血液をろ過する…糖尿病が原因で障害も」では腎臓の働きについて、「第15回糖尿病の三大合併症の1つ…腎症は怖い病気」では糖尿病性腎症の検査法や早期の状態について紹介しました。今回は、糖尿病性腎症のつらい状態について詳しく伺います。

糖尿病専門医の福田正博医師

4期は腎不全、5期は人工透析が必要に

——前回(第15回)、糖尿病性腎症は1期~5期に分類され、1期は異常なしの状態、2期は「早期糖尿病性腎症」で「微量アルブミン尿」(アルブミンとは血液中のタンパク質の主成分)が検出される状態だということでした。では、3~5期とはどういう状態でしょうか。

福田医師:3期は病状がさらに進行し、タンパク尿(第15回参照)が出現した状態です。また、4期は老廃物が溜まってきた腎不全期、5期はさらに進行して「人工透析療法」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.