くらし情報『うつ病は糖尿病の新合併症…専門医に聞くその理由と対策』

2021年8月17日 21:45

うつ病は糖尿病の新合併症…専門医に聞くその理由と対策

ストレスが強いと、健康な人に比べて血糖値の上昇が著しくなります。

——ストレスが強いと、自律神経のバランスが乱れてそれも糖尿病に関係すると聞きます。

福田医師:ストレスや緊張、興奮によって自律神経のひとつの交感神経が優位な状態が続くと、副腎髄質から血中へと、アドレナリンというホルモンが放出されます。アドレナリンもコルチゾールと同じように、肝臓から糖の放出を促し、インスリンの効きかたを悪化させます。

このような作用から、うつ病につながるストレスは糖尿病を引き起こしやすい、また悪化させやすいことがわかっています。

長期間の治療、食事の自己管理からプレッシャーに

——糖尿病と診断された場合の精神的ショックも関係しますか。

福田医師:糖尿病に関わらず、大病を患うとメンタルの打撃は大きいでしょう。糖尿病の場合は治療が長くなること、食事や運動について自己管理をする必要があるなどからプレッシャーが強く、生活や仕事への意欲をなくす、ストレスを感じるなどでうつ病を併発しやすいと考えられます。

——うつ病を併発すると、糖尿病の症状はどうなるのでしょうか。

福田医師:糖尿病は悪化し、これまでの回で話した三大合併症の「糖尿病性神経障害」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.