くらし情報『雑誌不況、コロナ禍もなんのその…37万部突破の『ハルメク』部数倍増の理由』

2021年9月15日 20:00

雑誌不況、コロナ禍もなんのその…37万部突破の『ハルメク』部数倍増の理由

目次

・3年で部数倍増!37万部突破の理由は?
・ウェブにも記事を配信、ネットを使う世代の流入も
・コロナ禍で変化した読者のインサイト
・オンラインイベントにシフトして分かったこと
・ネットの接続に四苦八苦も…読者からのうれしい声
雑誌不況、コロナ禍もなんのその…37万部突破の『ハルメク』部数倍増の理由

50代以上の女性をターゲットとした月刊誌『ハルメク』。書店販売なしの定期購読誌で、2020年下期の販売部数は3年前と比較して倍増。雑誌不況やコロナ禍という状況にもかかわらず37万2,885部*を記録しました。

『ハルメク』は、1996年に『いきいき』として創刊。2016年に『ハルメク』と名称を変更し、健康、料理、ファッション、お金など50代以上の女性が前向きに生きるための情報を提供しています。

雑誌が次々と休刊される中、部数を伸ばしている理由は?コロナ禍で読者のインサイトはどう変わった?2017年8月から編集長を務める山岡朝子(やまおか・あさこ)さん(47)にお話を伺いました。前後編。
*日本ABC協会『発行社レポート』より

【関連記事】山岡編集長ってどんな人?

3年で部数倍増!37万部突破の理由は?

——出版不況と言われる中、『ハルメク』は順調に部数を伸ばしています。3年前にお話をお聞きした時に、「『ハルメク』に期待されている役割をやり続けていく」とおっしゃっていましたが、その結果が出ているということでしょうか?

山岡朝子さん(以下、山岡):そうですね。基本に忠実に、かつ、それをどんどん発展させて積み上げてきたことが、結果につながっていると感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.