くらし情報『パソコン作業がつらい…寒暖差による「上半身冷え肩こりケアツボ」3つ【鍼灸師が教える】』

2021年10月7日 21:45

パソコン作業がつらい…寒暖差による「上半身冷え肩こりケアツボ」3つ【鍼灸師が教える】

目次

・冷えて無意識に力が入り、筋肉がこわばる
・ツボ・手三里(てさんり)を刺激する
・ツボ・肩井(けんせい)を刺激する
・ツボ・天柱(てんちゅう)を刺激する
・聞き手によるまとめ
パソコン作業がつらい…寒暖差による「上半身冷え肩こりケアツボ」3つ【鍼灸師が教える】

朝晩に冷えを感じる季節の変わりめは、肩こりがだんだんとつらくなるように思います。そこで鍼灸師で太子橋鍼灸整骨院(大阪府守口市)の丸尾啓輔院長に、冷えケアを兼ねた肩こり改善のためのツボを聞いてみました。

なお、下半身のケアについては次の記事を参考にしてください。
エアコン、温度差、テレワーク…「下半身冷え腰痛ケアツボ」3つ【鍼灸師が教える】

冷えて無意識に力が入り、筋肉がこわばる

丸尾さんはまず、寒暖差が気になる時期の肩こりの悪化についてこう説明をします。

「朝晩と日中や室内外の気温の差が大きいと、心身にこわばり、緊張、ストレスなどの負担がかかります。無意識に肩に力を入れていて、筋肉が硬くなる、血流が悪化するなどで肩こりをまねきます。また、そうした時間が増えると肩こりが悪化します。

季節の変わりめは、まだ意識的に冷えを予防することが少ないために、テレワーク中やスマホ、パソコンの操作中などいつのまにか首や肩が冷えていることがあります。冷え対策をしたうえで、次に紹介する上半身の血流を促す肩こりのケアツボを押してみてください」

ツボ・手三里(てさんり)を刺激する

「三里」というツボでは、下半身の冷えや脚の疲れ、胃腸のケアに有用な「足三里」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.