くらし情報『高血圧の治療法…具体的な生活習慣の改善指針と薬は?【臨床内科専門医が教える】』

2021年10月14日 21:00

高血圧の治療法…具体的な生活習慣の改善指針と薬は?【臨床内科専門医が教える】

目次

・原因が複数ある「高血圧症」と、原因が明確な「二次性高血圧症」
・生活習慣の改善の具体的目標は
・聞き手によるまとめ
高血圧の治療法…具体的な生活習慣の改善指針と薬は?【臨床内科専門医が教える】

何の自覚症状もなかったのに、ある日突然に気分が悪くなって受診をすると、「高血圧ですね」と診断されて驚いたと言う人はたくさんいます。そこで、日本臨床内科医会常任理事で同会認定専門医の正木初美医師に、高血圧対策について連載で聞いています。

第1回は、高血圧と診断される基準について、第2回は病院や家庭で測定したときに数値が違う理由について、第3回は家庭で血圧をうまく測る方法について、第4回は高血圧が体にどう悪いのかを伝えました(リンク先は文末を参照してください)。今回は、高血圧の種類や治療法についてお尋ねします。

正木初美医師

原因が複数ある「高血圧症」と、原因が明確な「二次性高血圧症」

——高血圧になりやすい人の傾向はありますか。

正木医師:日本人の高血圧の80~90%が、医学用語では「本態性(ほんたいせい)高血圧」と言いますが、これが一般に言う「高血圧症」を指します。原因として、塩分のとり過ぎ、肥満、運動不足、ストレス、加齢、遺伝的な要因などさまざまなことが影響し合って起こります。患者さんの数は中年以降に多いのですが、近年では20代にも増えてきています。

一方、原因が明らかな場合を「二次性高血圧症」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.