くらし情報『高血圧の治療法…具体的な生活習慣の改善指針と薬は?【臨床内科専門医が教える】』

2021年10月14日 21:00

高血圧の治療法…具体的な生活習慣の改善指針と薬は?【臨床内科専門医が教える】

と呼びます。その原因とは、「腎臓の働きが悪くなって塩分と水が排出されにくくなる場合」「副腎など内分泌腺の病気によって血圧を上げるホルモンが増える場合」「血管の病気が原因」「睡眠時無呼吸症候群が原因」「ほかの病気のために使っている薬が原因」となります。

そのため、二次性高血圧は原因を特定してそれを取り除くことができれば治癒が期待できます。また、本態性高血圧とくらべると若い世代に多く見られ、20歳代前半など若いときに発症した場合や急速に進行した場合などには二次性高血圧が疑われます。

生活習慣の改善の具体的目標は

——治療にあたり、血圧の数値の目標はありますか。

正木医師:まず、一般的な治療の目標は、75歳未満は診察室血圧(第2回・第3回参照)で130/80mmHg未満を、75歳以上は140/90mmHg未満を目指します。そうすると、前回(第4回)でお話しした、心臓、脳、腎臓への悪影響を防ぐことが可能になります。ただし、ほかの病気がある場合や、個人の仕事などの環境によって、厳格に下げたほうがよい場合と、逆に慎重に下げていくほうが良い場合があります。血圧を下げるメリットと、薬による副作用などのデメリットを考えて、かかりつけ医と相談しながら治療を進めましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.