くらし情報『「差し歯」は歯の根は残っている? 新しく保険適用になった歯とは?【歯学博士に聞く】』

2021年10月19日 21:00

「差し歯」は歯の根は残っている? 新しく保険適用になった歯とは?【歯学博士に聞く】

「最初は艶があるが経年で表面が劣化し、艶がなくなる」などです。

前歯の場合の費用の目安は、型どりの際に約2,500円(再診料やその他管理料含む)、歯をセットする際に約6,000円(同)です。

・金属冠
主に4~7番の奥歯に使用される、金銀パラジウム合金などを使用した全面が銀色のかぶせ物(差し歯)です。強度が強いため、口内の状態や噛み合わせ、噛む力などを診察してブリッジにも使用します。

——公的医療保険適用の差し歯治療をした場合、気をつけるべき点はありますか。

江上医師:レジンは食事の成分や唾液、水分を吸収するので、年数経過とともに変色するということ、加齢や体調で歯ぐきがやせてくると、歯と歯ぐきの間から黒っぽく金属が見えてくること、経年劣化などです。治療終了後も、3~6カ月に1度の定期検診を受けて、継続的に健康なかぶせ物(差し歯)のキープを目指しましょう。

聞き手によるまとめ

差し歯とは、歯の根があるからこそ可能な治療であり、歯を抜いたわけではないので勘違いせずにケアを行いましょう。また新しい情報として、CAD/CAM冠が前歯を含めて多くの歯で公的医療保険が適用となったということです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.