くらし情報『本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】』

2021年10月21日 20:10

本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】

十二指腸は胃の出口とつながっていて、胃でおかゆ状に消化された食べものを受け入れて、さらに消化を進めます。名称の由来は、自分の指を12本並べた幅の分ぐらいの大きさだからと言われますが、実際には約25~30センチです。

十二指腸は小腸の一部ですが、医学的には、その機能やつくりから独立した部位として扱われます。そのため、小腸というと一般に、空腸と回腸を指します。

空腸と回腸の境界線はない

——小腸の一部でありながら特別な存在という十二指腸は、入り口は胃に、出口は空腸とつながっているのですね。

正木医師:そうです。その十二指腸から送り出された食べものは、空腸に送られてから回腸に移動します。空腸と回腸を合わせた小腸の長さは約6メートルあります。

教科書などに掲載されている内臓の構造図を見ると、どこまでが空腸でどこからが回腸なのかは明示されていません。それは明確な境界がないからです。目安として、十二指腸に近い約5分の2のやや太めの管が空腸で、それに続く5分の3が回腸です。——その空腸と回腸がある長い小腸は、どのように働くのですか。

正木医師:食べたものの栄養素は最終的に、小腸で消化されて体内に吸収されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.