くらし情報『本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】』

2021年10月21日 20:10

本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】

まず、炭水化物を麦芽糖(ばくがとう)とブドウ糖に、また、脂肪を脂肪酸とモノグリセリドという栄養素に分解します。

それに、空腸と回腸の内側の粘膜は、柔毛(じゅうもう。絨毛と表記する場合もある)という超微細な突起状の器官によってびっしりと覆われています。文字通り、じゅうたんの毛足のようなイメージで無数に並んでいます。

消化されてできた栄養素は、主にこの柔毛内の毛細血管とリンパ管から吸収されて肝臓へ送られます。柔毛は小腸の表面積を大きくしていて、広げた場合の総面積はテニスコート1面分もの広さになると言われます。それは栄養素の吸収を効率よくするためと考えられています。

小腸で1日に7リットルの消化物が吸収される

——小腸には、栄養の吸収というとても重要な働きがあるのですね。1日にどのぐらいの量が吸収されているのでしょうか。

正木医師:消化物と消化液の量は1日に約9リットルになり、そのうち、小腸で吸収されるのは約7リットルになるのです。

——想像以上に大量です。残りの2リットルはどうなるのでしょうか。

正木医師:小腸で栄養素を吸収された残りかすがそれで、水っぽい状態のまま、回腸(小腸)と盲腸(大腸)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.