くらし情報『本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】』

2021年10月21日 20:10

本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】

の境界にあたる回盲弁から盲腸(大腸)側に送り込まれます。大腸は、盲腸、結腸、直腸に分けられます。さらに結腸は、その方向や形から、上行(じょうこう)結腸・横行(おうこう)結腸・下行(かこう)結腸・S状結腸に分類されます。

おなかの右下にある小腸の出口から始まり、直腸で肛門につながっています。全長1・5~2メートル、直径は小腸より大きくて5~7センチあります。

——食べたものは、胃→十二指腸→空腸→回腸→盲腸→上行結腸→横行結腸→下行結腸→S状結腸→直腸→肛門と運ばれていくのですね。

正木医師:そうです。水っぽい食べものかすは大腸のぜんどう運動によってこの間を移動しながら、水分が吸収されていきます。徐々にかたくなり、下行結腸ではかゆ状に、S状結腸で形がある便が生成されます。水素やメタンなどのガスも発生します。結腸の「結」は「ばらばらのものがかたまる」という意味があるといわれます。

直腸に便がたまったらトイレに行きたくなる

——トイレに行きたくなるのは、大腸のどこにどうなったときですか。

正木医師:便が直腸まで送られると便意が生じて、トイレに行きたくなります。直腸は、便を一時的にためるように働き、いっぱいになると腸の筋肉が収縮し、同時に肛門の筋肉が開いて便が外に排出されるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.