くらし情報『本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】』

2021年10月21日 20:10

本気で腸活① 十二指腸、回腸、直腸ってどこ? 何をしている?【専門医が教える】

口から食べものが入ってから排出されるまで、24~36時間を要します。また、日本人の1日の排便量の平均は約200グラムと考えられています。

便秘や下痢になるのは、大腸の内容物の水分がどう吸収されているかによるのです。

——ありがとうございました。便秘や下痢への影響については、次回・第2回で詳しく伺います。

聞き手によるまとめ

十二指腸や空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸など名称に「腸」とつく臓器の分類、小腸と大腸のつくりと働き、また食べたものが消化、吸収される流れや量、排出までの所要時間がわかりました。長い時間をかけて、日々の食べものが栄養素となって体内に吸収され、残りが排出されていることを改めて認識することができました。

★お知らせ
正木医師が理事を務める「大阪府内科医会」では、オンライン健康セミナー・第23回市民公開講座「美と健康はおなかから~腸活のススメ~」を、2021年12月12日13:00~と15:00~の2回開催します。正木医師による講演「きょうから美腸活、始めませんか?」もあり、無料で視聴できます(事前登録が必要です)。申し込み先:https://www.osaka-naika.jp

(構成・取材・文藤井 空/ユンブル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.