くらし情報『更年期、更年期症状、更年期障害、閉経の違い『いちばん親切な更年期の教科書』』

2021年10月29日 10:45

更年期、更年期症状、更年期障害、閉経の違い『いちばん親切な更年期の教科書』

目次

・女性ホルモン激変の波を上手に乗りこなす
・言葉の定義を確認
更年期、更年期症状、更年期障害、閉経の違い『いちばん親切な更年期の教科書』

「閉経したら女じゃなくなるの?」「更年期は誰にでもあるものなの?」「いつ閉経するの」——いつかは訪れると思っていても、その実態がわかりにくい閉経や更年期について、産婦人科専門医・高尾美穂先生がわかりやすく解説。閉経前後からの十数年を上手に乗り切るコツをお伝えする『いちばん親切な更年期の教科書【閉経完全マニュアル】』(世界文化社)が10月13日に発売されました。女性の人生の大転換機である40代。人生100年時代を健やかに過ごすために必要なこととは?特別に全4回にわたって本書の一部を公開します。

高尾先生

「更年期かな?」 と思ったら

更年期、更年期症状、更年期障害、閉経の違いを知っておきましょう

女性ホルモン激変の波を上手に乗りこなす

女性の人生に大きな影響を及ぼすホルモンは、卵巣から分泌される「エストロゲン」と いう女性ホルモンです。これは女性の人生のうち、約40年間という期間限定で分泌されるホルモンです。

10代になって卵巣が成熟すると一気にエストロゲンの分泌量がふえ、月経がはじまります。エストロゲンの分泌のピークは20代から30代の半ばぐらいまでですが、同時にこの成熟期は進学や恋愛、就職や結婚、出産、育児など、人生の大きな変化にさらされます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.