くらし情報『更年期症状と眠りの質の関係『いちばん親切な更年期の教科書』』

2021年10月31日 18:01

更年期症状と眠りの質の関係『いちばん親切な更年期の教科書』

目次

・眠りを改善すれば、更年期の不調もよくなる!
・睡眠を整えて成長ホルモンの分泌を促す
更年期症状と眠りの質の関係『いちばん親切な更年期の教科書』

「閉経したら女じゃなくなるの?」「更年期は誰にでもあるものなの?」「いつ閉経するの」——いつかは訪れると思っていても、その実態がわかりにくい閉経や更年期について、産婦人科専門医・高尾美穂先生がわかりやすく解説。閉経前後からの十数年を上手に乗り切るコツをお伝えする『いちばん親切な更年期の教科書【閉経完全マニュアル】』(世界文化社)が10月13日に発売されました。女性の人生の大転換機である40代。人生100年時代を健やかに過ごすために必要なこととは?特別に全4回にわたって本書の一部を公開します。第3回は更年期を境に増えてくる「不眠」と快眠のコツについて。

眠りを改善すれば、更年期の不調もよくなる!

寝入りの3時間を充実させる

更年期を境にふえてくる不調の一つが「不眠」です。中でもとくに多いのが、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」です。途中で目が覚めても、再度眠れれば問題ありませんが、その後寝付けなくなると睡眠に対する満足度が大きく低下します。

睡眠は脳波をもとに2つの時間帯に分けられます。「ノンレム睡眠」は脳を休める時間で、1~4段階に分けられ、このうち脳波の周波数の低い部分が中心のもっとも深い睡眠を徐波(じょは)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.