くらし情報『「グレーヘア」言葉の認知度は約9割 より自由に楽しむ「ネオグレーヘア」にも注目』

2021年10月28日 20:15

「グレーヘア」言葉の認知度は約9割 より自由に楽しむ「ネオグレーヘア」にも注目

目次

・「グレーヘア」言葉の認知度は?
・自分の「白髪」をネガティブに捉えている人が多数派
・約4割が「グレーヘア」にしてみたい
「グレーヘア」言葉の認知度は約9割 より自由に楽しむ「ネオグレーヘア」にも注目

長い人生をよりよくするには何が必要なのか考える、オレンジページの「人生100年時代」シリーズ。このたび、同社は読者モニター(オレンジページメンバーズ)・国内在住の20歳以上の女性を対象に「白髪」に関する意識調査を実施。

調査の結果、大多数の人が白髪は「隠したい」「あってほしくない」ものであることなどがわかりました。また、近ごろメディアでも取り上げられる「グレーヘア」についても調査を行い、言葉の認知度が85.2%だったことなどがわかりました。

「グレーヘア」言葉の認知度は?

「白髪を染めて隠すのではなく、白髪を生かして楽しむヘアスタイル」を意味する「グレーヘア」という言葉を知っているか聞いたところ、49.5%が「知っていて、言葉の意味も説明できる」、35.7%が「なんとなく知っている」と回答しました。

「グレーヘア」のイメージについて聞いてみると、「自然体で自分らしい」が45.3%で最も多くあがった一方、「老けて見えそう」(33.5%)という回答が次点にランクイン。前向きに捉えつつも、不安に感じる様子もうかがえます。

自分の「白髪」をネガティブに捉えている人が多数派

白髪のある人に「自分の『白髪』を隠したいと感じますか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.