くらし情報『「私は“ひょうきんフェミニスト”でありたい」アルテイシア・望月衣塑子対談』

2021年11月27日 14:45

「私は“ひょうきんフェミニスト”でありたい」アルテイシア・望月衣塑子対談

目次

・一個人の生の言葉だからこそ響く
・メディア業界はジェンダー意識が遅れている
・見て見ぬフリをしてきた後悔で…
「私は“ひょうきんフェミニスト”でありたい」アルテイシア・望月衣塑子対談

ウートピでも連載中の作家・アルテイシアさんと、東京新聞社会部記者の望月衣塑子さんが、フェミニズムについて、メディアについて、政治について語る4回連載。

アルテイシアさん著『フェミニズムに出会って長生きしたくなった。』(幻冬舎)と、望月衣塑子さん著『報道現場』(角川新書)を、お互い読み合ってからのスタートです。

一個人の生の言葉だからこそ響く

——まずは、アルテイシアさんが望月さんとお話ししてみたかったという理由を教えていただけますでしょうか。

アルテイシアさん(以下、アル):菅さんが官房長官だった時の会見で、望月さんがグイグイ質問していく姿に痺れて憧れて(笑)。台本を読むだけの予定調和な会見の中で、望月さんが「わきまえない女」として立ち向かう姿を見て、私の周りにも“望月推し”が爆誕してました。

その後、推しである望月さんを追って『i ―新聞記者ドキュメント—』を観て、権力には真正面からぶつかるけれども、声を上げようとしている方たちには寄り添う姿を見てさらにグッときました。Choose Life Projectの「わきまえない女たち」の同じ回で出演させていただいた時は、密かにときめいていたんです(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.