くらし情報『「繊細な人だよね」と言われる人、言う人【アルテイシア】』

2021年12月8日 21:01

「繊細な人だよね」と言われる人、言う人【アルテイシア】

目次

・理不尽なことに怒れない人はダメじゃない
・20代の頃に刷り込まれたジェンダーの呪い
・「私、怒ってよかったんだ」
・アルテイシア、時々、ブッコロ助
・繊細で何が悪い
「繊細な人だよね」と言われる人、言う人【アルテイシア】

ひがみ、ねたみ、そねみなのか、無邪気なのか。アドバイスかクソバイスか……。私たちをモヤっとさせる言葉を収集する「モヤる言葉図鑑」。

作家のアルテイシアさんと一緒に「モヤる言葉」を観察していきます。今回は「繊細な人だよね」です。

理不尽なことに怒れない人はダメじゃない

「繊細な人だよね」は人に呪いをかける言葉だと思う。

たとえばセクハラやパワハラに遭って傷ついたと話した時に「あなたって繊細な人だよね」と言われると「私が気にしすぎなのかな」「私の心が弱いせいかな」と思わされてしまう。

自分が受けたことを被害だと認められなくなり、抗議の声を上げたり、支援につながることも諦めてしまう。

ただでさえ日本人は「理不尽な校則にも黙って従え」と教育されて「人権侵害だ!」と怒れない人が多い。

理不尽なことをされて「ひどい、許せない」と感じるのは、まともな人権意識がある証拠なのだ。

理不尽に対して抗議の声を上げられる人は、むしろ強い人だと思う。

もちろん、声を上げられない人は弱いからダメというわけじゃない。かくいう私もかつては声を上げられなかった。

20代はセクハラパワハラのセ・パ両リーグな職場で、上司に理不尽なことをされても言い返せなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.