くらし情報『腸内環境、女性ホルモンが影響…便秘と肌荒れの関係は?【臨床内科専門医が教える】』

2021年12月8日 21:45

腸内環境、女性ホルモンが影響…便秘と肌荒れの関係は?【臨床内科専門医が教える】

目次

・月経前の吹き出物と、便秘による吹き出物の原因は同じ?
・皮膚を老化させる「AGEs」とは
・聞き手によるまとめ
腸内環境、女性ホルモンが影響…便秘と肌荒れの関係は?【臨床内科専門医が教える】

「本気で腸活」と題し、その具体的な方法について、臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長に連載にてお話しを聞いています。「第1回 腸活事始め…十二指腸、回腸、直腸ってどこ?何をしている?」では、腸の部位と各働き、食べてから排出されるまでの経路や状態、時間について、「第2回 ストレスフル、憂うつなときに便秘になるのはなぜ?」では自律神経のバランスによること、またセルフケア法について、「第3回毎朝美便…腸の健康を知る目安は」では、美便の具体的な状態について教えてもらいました。各リンク先は文末を参照してください。

今回は、読者(34歳女性)の質問、「便秘や下痢の前後は肌荒れが激しいように思います。関係はありますか?あるとすればどうしてですか?」について尋ねます。

正木初美医師

便秘で腸に悪玉菌や有害物質が増えて肌荒れに

——確かに、便秘や下痢の前後は吹き出物やニキビができる、肌ががさがさする、パックやマッサージなどのスキンケアをしても効果が現れにくいように思います。なぜそうなるのでしょうか。

正木医師:便秘の状態では、大腸に内容物が溜まる時間が長くなっています。そうすると、腸内フローラ(腸内細菌叢)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.