くらし情報『私、無理しているかも…隠れ内向の人が“疲れ”に気付くポイントは?』

2021年12月9日 20:00

私、無理しているかも…隠れ内向の人が“疲れ”に気付くポイントは?

とアドバイスをもらったことがあるのですが、過剰適応とはどんな状態を指すのでしょうか?

榎本:外向的に振る舞い過ぎて、無理をし過ぎるのが過剰適応です。人に合わせすぎて、無理してしまうんです。例えば、協調的とか受容的とか、愛想がいいこと自体は良いことなんだけれど、それが行き過ぎちゃうと、自分を抑えすぎることになってしまう。適応は良いことだけれど、それが過剰ということですね。隠れ内向と一緒で、本来の自分とは違う自分を出して無理しているわけですが、何かで行き詰まらないと気が付かないんです。

——他人の期待に応え過ぎちゃうことも過剰適応ですか?

榎本:はい、そう考えていいと思います。でも、それはけっして悪いことではない。人に合わせて期待に応えようという思いは、日本人はとても強いんです。確かに期待に応えすぎるのも考えものですが、自分本来の力以上のものを発揮できるという良い面もあるんですよ。日本的なモチベーションとしては、「人の期待に応えたい」というモチベーションがすごく強い。一方で、欧米的なモチベーションは、「自分が活躍したい」「有能になりたい」といった自分中心のモチベーションなんです。

例えば、日本のスポーツ選手は、「お世話になった人のため」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.