くらし情報『僕が“ポップな歌”を作り続けてきた理由【水野良樹】』

2021年12月18日 14:59

僕が“ポップな歌”を作り続けてきた理由【水野良樹】

実際にお会いしたこともないし、お話したこともないですけど、それを超えてつながっている。そこにロマンがあると思っていて。僕が死んでも曲は残るし、そこに可能性を感じていたいんですよね。

でも、全員に気に入られるのは無理だから。10人いたら1人か2人は嫌いだって言うだろうし、仲良くなるのは難しいと思うんです。理屈ではその通りだって分かっているんですけど、曲を書く上ではそこを超えないと。しんどいですけど、難しいですけど、そこを超えたいと思って曲を作っている感じですね。

分かり合えない他者とつながる可能性

——前回、「音楽で人とつながれる」という原体験について伺いましたが、エッセイの「つながることができないものを」の章が印象的でした。一人の人間としては分かり合えないかもしれないけれど、歌は分断を超えていく可能性があってそれが「文化」がもつ屈強さなのだと。水野:子供の頃から、「なんで人とうまくいかないんだろう?」っていうのはずっと考えていて。もしかしたら、今も思っているかもしれない。たまたまこういう仕事に就いたので、人よりも多く他者と向き合うことになっちゃったから、いろいろと考えることはあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.