くらし情報『人には人の“足枷”がある…分かり合えないことを分かり合うために大事なこと【小佐野彈】』

2021年12月26日 14:50

人には人の“足枷”がある…分かり合えないことを分かり合うために大事なこと【小佐野彈】

目次

・恵まれていることへの罪悪感
・「いい時代になった」のかは分からないけど…
・分かり合えないことを分かり合う
人には人の“足枷”がある…分かり合えないことを分かり合うために大事なこと【小佐野彈】

歌人・小説家の小佐野彈(おさの・だん)さんによる小説『僕は失くした恋しか歌えない』(新潮社)が11月30日に発売されました。

かつて帝国ホテルを傘下に置くなどホテル事業・バス事業などレジャー事業を幅広く手掛けた「国際興業グループ」の御曹司として生まれ、幼稚舎から慶應のセレブ人生を歩んできたオープンリーゲイの小佐野さんによる自伝的小説で、15歳のときの初恋から台湾に渡るまでに「僕」が出会った恋を、物語の中に短歌を交えてつづっています。

先日発表された「2021ユーキャン新語・流行語大賞」では、生まれてくる親を選べない「親ガチャ」という言葉がトップテンに入ったばかり。

「親ガチャ」は大当たり。同時刊行された歌集『銀河一族』(短歌研究社)でも、“華麗なる一族”に生まれた自身を詠んでいる小佐野さんに話を聞きました。前後編。

【前編】「親ガチャ大当たり!」の僕が書き続ける理由

恵まれていることへの罪悪感

——ご自身のことを「恵まれている」とおっしゃっていましたが、確かに小佐野さんが生まれた家や経歴を見ると「セレブ」「超勝ち組」に見えます。小説からは、だからこその苦しみやなかなか人に分かってもらえない悩みが伝わってきて切なかったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.