くらし情報『「あそこが分からなかった」を話すのも楽しい 映画や小説、演劇の楽しみ方【北村紗衣×森山至貴】』

2021年12月29日 13:00

「あそこが分からなかった」を話すのも楽しい 映画や小説、演劇の楽しみ方【北村紗衣×森山至貴】

と書かれていますが、批評を書いて人と見せ合ったり、読み合ったりすることに、すごく重きを置いていることが分かる。そういう内容を書こうと思うのは、とても北村さんらしいなと思いました。

作品や芸術を媒介にして人とつながる

北村:ありがとうございます。森山さんはご存じだと思いますが、私は全然コミュニティにいられないタイプの人間なんですよ(笑)。そんなに友人が多くないし、付き合いやすいタイプではないと思うのですが……。でも、友人ができない人が何を媒介に友人になるかというと、作品とか芸術なんですね。人付き合いがうまくない人でも、作品や芸術を媒介にして人とつながったりするんです。

コミュニティを作って、ネットワークができるだけで、社会的にも政治的にも芸術的にも、さまざまなものが生まれてくる。博士論文を基にした『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち―近世の観劇と読書―』(白水社)も、『批評の教室』も、そんなことを念頭に置いて書いた本ではありますね。実は、最初に博士論文を書き始めたときは、コミュニティのことを書くとはまったく思ってなくて。スタンリー・フィッシュの解釈共同体論をやっていて、ほかにもコミュニティ関係の研究書を読んでいたら、「私がやりたいのはこういうことなんじゃないかな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.