くらし情報『「あそこが分からなかった」を話すのも楽しい 映画や小説、演劇の楽しみ方【北村紗衣×森山至貴】』

2021年12月29日 13:00

「あそこが分からなかった」を話すのも楽しい 映画や小説、演劇の楽しみ方【北村紗衣×森山至貴】

北村:ありがとうございます。学生の教科書になることを想定すると、この形にしないと難しいと思ったところがあって。早稲田大学に比べると、武蔵大学はすごく小さいので、専門の先生が少ないんですね。小説の学生も映画の学生も、私が担当しなければならないので、いろいろなジャンルに対応しなくちゃいけない。みんなに読んでもらうために、小説も映画も演劇も網羅した内容にしたかったというのはあります。

加えて、私の担当は英米文化学科なので、基本的に地域研究なんです。そうすると、何となくイギリスに興味があるけど、小説が読みたいのか、映画が見たいのか、あるいは食文化に興味があるのか分からないような学生が新入生として入ってくる。そういう学生たちに、好きなことを決めて批評をしてもらうこともあるので、割と広い範囲をカバーしている本の方がいいのかなと思って。森山:なるほど。そこは早稲田大学と大きく違うところかなと思います。早稲田は、演劇映像コースなどもありますし、「キャンパスの中で石を投げると、演劇か映像の研究者に当たる」と言えるくらいたくさんいますからね。実は私も、演劇鑑賞が好きなのですが、キャンパス内では「演劇を観るのが好きです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.