くらし情報『ウザいって思われてないかな…自分が老害化するのが怖い【DJあおい】』

2022年1月28日 21:00

ウザいって思われてないかな…自分が老害化するのが怖い【DJあおい】

目次

・人が“老害化”してしまうとき
・大人の役割は…
ウザいって思われてないかな…自分が老害化するのが怖い【DJあおい】

DJあおいさんと「仕事がデキること」について考えていく連載「私は仕事ができない。」197回目のボヤきは「老害化するのが怖くて気を遣ってしまう」です。

最近、自分が「老害化」していないか気になってしまい、後輩や年下の人と話すときに必要以上に緊張してしまいます。私が新人のときは、先輩や上司はガチ昭和世代の人ばかりで「今なら怒られるだろうな」ということを言われたりやられたりしてきました。もちろん仕事を教えてくれて感謝している部分はあるのですが、自分が言われたりやられたりして嫌だったことは決して下の代には引き継がないぞと思っています。パワハラやセクハラはしないのは当然ですが、ちょっとした会話でも変な気を遣ってしまいます。

この前も、一回りくらい離れている人と仕事をしたのですが、「写メ送ってくれる?あ、今写メって言わないか!アハハ(笑)」みたいな言い方をしてしまい、あとで「この人ウザいって思われたのではないか?」と気になってしまいました。私の気にしすぎでしょうか?そして「老害」ってそもそもどんな状態を言うのでしょうか?

人が“老害化”してしまうとき

セクハラ、パワハラのセパ両リーグをはじめ、体罰や女性蔑視、電車内や映画館内での喫煙、男は外で働き女は家を守るという文化、恋愛や結婚ができないやつは人として欠陥品という価値観、セクシャルマイノリティやオタクへの侮辱、などなど。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.