くらし情報『20~40歳女性に多い…激しい腹痛を伴う「過敏性腸症候群便秘型」の特徴は?【専門医に聞く】』

2022年3月28日 21:30

20~40歳女性に多い…激しい腹痛を伴う「過敏性腸症候群便秘型」の特徴は?【専門医に聞く】

目次

・過敏性腸症候群の便秘型は20~40歳女性に多い
・破裂しそうな痛みを伴う過敏性腸症候群便秘型
・腹痛の頻度と排便の状態をセルフチェック
・聞き手によるまとめ
20~40歳女性に多い…激しい腹痛を伴う「過敏性腸症候群便秘型」の特徴は?【専門医に聞く】

「おなかが張って強く痛むので病院で検査をすると、『便秘です。過敏性腸症候群かもしれない』と診断された。過敏性腸症候群って下痢だと思っていたけど、便秘型もあるのですね…」(38歳女性)という読者の声が複数、届いています。

そこで、『慢性便秘症 診療ガイドライン2017』作成委員会委員長であり、兵庫医科大学病院の副院長で消化器内科専門医・指導医、『胃は歳をとらない』(集英社)という著書がある三輪洋人(みわ・ひろと)医師に、「過敏性腸症候群便秘型」について、連載にてお話しを聞きます。

今回・第1回は、過敏性腸症候群便秘型の症状について尋ねます。

過敏性腸症候群の便秘型は20~40歳女性に多い

はじめに三輪医師は、便秘の種類についてこう説明をします。

「便秘にはさまざまなタイプがあり、慢性便秘の場合、症状では『排便回数減少型』と『排便困難型』、病態では『大腸通過遅延型』や『便排出障害型』などに分類されます。

また、読者のお悩みにある『過敏性腸症候群便秘型』も増えています。これは『過敏性腸症候群』のひとつです」

過敏性腸症候群とはよく耳にしますが、どのような症状なのでしょうか。三輪医師はこう説明を続けます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.