くらし情報『もう50代? 始まってもないのに「しまい方」なんてわからない【ジェーン・スー×サムソン高橋】』

2022年4月13日 14:55

もう50代? 始まってもないのに「しまい方」なんてわからない【ジェーン・スー×サムソン高橋】

もう50代? 始まってもないのに「しまい方」なんてわからない【ジェーン・スー×サムソン高橋】

コラムニストのジェーン・スーさんが会いたい人と会って対談する企画。今回のゲストは、能町みね子さんと「夫婦(仮)」として共同生活を送り、最近は『私みたいな者に飼われて猫は幸せなんだろうか?』(著:能町みね子、写真:サムソン高橋)も上梓したゲイライターのサムソン高橋さんです。全3回。

「とにかく社会の歯車になりたいって思っていた」

ジェーン・スーさん(以下、スー):サムソンさんはもともとは鳥取のご出身ですね。

サムソン高橋さん(以下、サムソン):スーさんは文京区育ちですよね。『私がオバサンになったよ』読んでうわーって思いました。軍パン履いてアフロでフェリス女学院ですって。当時「CUTiE」に載ってたCHIEKO BEAUTYっぽい。

スー:その世代ではありますけど、違う違う。そういうのを指をくわえて見てたCHIEKO BEUATYワナビー。

サムソン:うちは典型的なダメな親でしたからね。

スー:どうダメだったんですか。

サムソン:単純に働かない。

スー:あー、ベーシックな。

サムソン:はい、本当にベーシックなダメな親で。親が働かなくて、お母ちゃんが主に家計を支えているんだけど、お父ちゃんは働かない、暴力を振るう、ギャンブル狂。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.