くらし情報『花粉症で涙目、充血、かゆみがつらい…目と頭にあるケアツボ集【鍼灸師に聞く】』

2022年4月23日 14:55

花粉症で涙目、充血、かゆみがつらい…目と頭にあるケアツボ集【鍼灸師に聞く】

目次

・目をこすらずにツボ押しでセルフケア
・目の症状をケア…目の周りのツボ5つ
・目、鼻の症状もケア…後頭部にあるツボ2つ
・聞き手によるまとめ
花粉症で涙目、充血、かゆみがつらい…目と頭にあるケアツボ集【鍼灸師に聞く】

花粉が多い時期、目のつらい症状がとても気になります。外出時でも自分でできるケア法が知りたく、鍼灸師で太子橋鍼灸整骨院(大阪府守口市)の丸尾啓輔院長に、花粉症の目の症状をケアするツボを教えてもらいました。

目をこすらずにツボ押しでセルフケア

はじめに丸尾さんは、
「花粉が目の粘膜に付着すると、目のかゆみや充血、異物感、ゴロゴロ感、涙目、かすみ、しょぼつき、腫れなどの症状が現れます。そのときに目をこすると、角膜を傷つけて炎症が悪化することもあります。目を触らないで症状を緩和するには、ツボ押しが有用です」と話し、セルフケア時の注意点を次のように伝えます。

「目のまわりは皮ふが薄いため、強く押さないようにしてください。押しやすい指の腹で、ツメを立てずに、ツボを軽くくるくると回すぐらいで良いでしょう。ひと押し5~10秒ほどを3~5回くり返します」

目の症状をケア…目の周りのツボ5つ

どのツボも花粉症の目の症状のほか、目の疲れ、頭痛、頭重感、肩こりの緩和にも作用します。

・瞳子髎(どうしりょう)
目じりから、おや指の幅の半分ほど外側にある骨の際のくぼみ。左右にあります。

・攅竹(さんちく)
眉毛の内側の端、骨の際。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.