くらし情報『花粉症で涙目、充血、かゆみがつらい…目と頭にあるケアツボ集【鍼灸師に聞く】』

2022年4月23日 14:55

花粉症で涙目、充血、かゆみがつらい…目と頭にあるケアツボ集【鍼灸師に聞く】

触るとコリコリとするところ。左右にあります。

・睛明(せいめい)

目頭と鼻筋のあいだのくぼみ。左右にあります。目が疲れたときにここを指の腹で押さえる人は多いでしょう。

・太陽(たいよう)
眉毛の外側と目じりの中間地点の高さから、おや指の幅1本分ほど外側にある骨の際のわずかなくぼみ。左右にあります。

・四白(しはく)
瞳の中心から下へ、目の下の骨のへりからおや指の幅1本分ほど下。左右にあります。

目、鼻の症状もケア…後頭部にあるツボ2つ

次の2つのツボとも、目、鼻、耳のさまざまな症状、また頭痛、頭重感、肩こり、めまいなどに作用する万能ツボとしても知られています。両方とも、手で頭を支えておや指の腹でやや上に向かって押しましょう。またはひとさし指やなか指を揃えて、左右にさするのも良いでしょう。2つを合わせて刺激するとより有用です。

・天柱(てんちゅう)
首の後ろの2本の太い筋肉(僧帽筋)と髪の生え際が交差するところ。左右にあります。わかりにくい場合は周囲を指の腹で探り、いた気持ちいいところを探しましょう。

・風池(ふうち)
上の天柱から、少しだけ外側にあるくぼみ。左右にあります。

聞き手によるまとめ

すべてのツボを試してみたところ、花粉が多い時期によく悩む目の充血や涙、ごろごろ感などの不快感が緩和されることが実感できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.